豊津児童福祉会

つよい心とからだをつくろう!


法人ブログ

2022.2.22

世田谷1丁目ゆたか園です。

寒さの中にも、少しずつ春の暖かい日差しが感じられるようになったこの頃。今年度も残りわずかとなりました。この1年を振り返り、一人ひとりが自分のペースで大きく、たくましく成長した姿にうれしく、子どもたちと共に成長を喜び合いながら過ごしています。今年度の世田谷1丁目ゆたか園の1年を紹介します。

春:進級・入園を迎え、新しい1年が始まりました。園庭のお花もきれいに咲き、水やりが子どもたちの日課になりました。

春の日差しを感じながら、園外へ散歩に出掛けました。

園外にでかけ、その季節ならではの自然にも出会い、日本の四季を感じました。

屋上園庭の草花からも春の自然が感じられます。草、花、泥、水、風が子どもたちのあそびを広げてくれます。春を感じながらのびのびとあそびました。

雨の日ならではの発見もありました。

ぞう組は近くの和菓子屋さんへ出掛けたり、桜餅・道明寺づくりを体験しました。

園長先生とお茶をし、日本の文化も体験しました。

東京オリンピックが開催された夏!コロナ対策として今の時代に合った声を出さない応援を子どもたちと体験し、聖火ランナー(保育士)を応援しました。様々な制限がある中ではありましたが、自国開催であるオリンピックを子どもたちと盛り上がりました。

夏:水あそび・プールあそびを満喫しました。幼児組では、「つぎは○〇やってみよう!」と友だちの姿に刺激を受け、こどもたちの挑戦する姿も見ることができました。

水の冷たさを感じ、夏ならではのあそびを楽しみました。

幼児クラスでは夏祭りを計画し、こどもたちが作ったシロップを使ってかきごおりを食べました。冷たくておいしかったね!

2歳児クラスでは虫探しが大流行!毎日外で虫探しを楽しみました。虫がいる場所、捕まえ方、名前にも詳しくなりました。

秋:園外へ散歩に出かけてどんぐりや落ち葉探し、紅葉を見たり、秋へに自然の変化を感じました。

乳児クラスでは大好きな乗り物探しに園外へ散歩に出掛けました。

自分たちの住む地域を知る体験を大切にしています。散歩でも公園や駅、商店街など目的をもって出掛けました。

保育園の畑のサツマイモを収穫しました。季節の野菜を畑で育てて食を通して季節感を感じました。

FUNNYDAY:今年度初めての親子ふれあいイベントを幼児クラスで開催しました。様々な制限がある中ではありましたが、親子でふれあい楽しい時間となりました。

冬:街がイルミネーションやクリスマスムードが高まってくる頃、保育園でもクリスマスツリーを飾ってワクワクした気持ちが高まりました。子どもたちの会話もクリスマスで盛り上がっていました!

雪が降り、冬ならではの雪あそびを楽しみました。

4歳児は弦巻神社へ初詣に出掛けました。

5歳児は松陰神社へ初詣に出かけました。お参りの作法を意識しながら初詣を体験し、「(小学校へ行ったら)おべんきょうがんばります!」とあいさつする子の姿もありました。