豊津児童福祉会

つよい心とからだをつくろう!


法人ブログ

こどもの杜ゆたか園です。

2018.8.29

以前、保護者の方からダチョウの卵を頂きました!
初めて卵を見た子どもたちは「なにこれ!?」「めっちゃおおきいやん!」と大興奮!
「ふつうのたまごよりおおきいよな!」「ほんまにダチョウうまれるん?」「うまれやんやろ~!」と子どもたちは話していて、この卵をどうしていこうかと悩みながらも様々なあそびに繋げていました。

このあそびを通して子どもたちは友だちと協力することの大切さ、失敗を恐れず挑戦する素晴らしさ、何かをやり遂げる達成感を学ぶことが出来ました。

IMG_0872

H30 明和ゆたか園 8月

2018.8.27

8月25日は、地域の夏祭りに参加させていただき、盆踊りを踊らせていただきました。

RIMG1283

明和ゆたか園です

2018.7.26

7月21日は夏まつり。くじ引きやヨーヨーつりなど、たくさんのお店が並んで子どもたちも楽しそうでした。また、地域の方々にもたくさんご参加していただきました。

RIMG1023

こどもの杜ゆたか園です。

2018.7.10

年長組になった子どもたちが、山での自然活動を楽しんでいます。
今、“秘密基地”作りに励んでいるようです。
友だち同士でああでもない、こうでもないと意見を出し合って作る子どもたちの姿が見られています。

P1100659

明和ゆたか園です

2018.6.26

 先日16日に『親子ふれあい運動会』を開催しました。親子でふれあうことや地域の方にもたくさんご参加していただき、充実した運動会になりました。たくさんのご参加ありがとうございました。

RIMG0386

みらいの森ゆたか園です。

2018.6.22

みらいの森ゆたか園では月に一度、避難訓練を行っています。今回は消防士さんに来園してもらい、火災の際の避難訓練を実施しました。「火事です。火事です。避難をしてください」と火事の放送を聞くと煙をすわないようにハンカチで口を押さえて、外に落ち着いて避難することが出来ました。
子どもたちは大きな消防車も来てくれたことに大喜び。「これはなににつかうの?」「どこからみずがでるの?」など興味津々の子どもたちでした。年長児は消防士さんに聞きたいことを話し合い、少し緊張しながら質問をすることが出来ました。火事だけでなく水あそびの際に気をつけることや交通事故にも気をつけるようにと話をしてもらい、こどもも保育者も防災への意識が高まりました。来園して頂いた消防士さん、子どもたちの質問に丁寧に答えて頂き、ありがとうございました。

IMG_4184

みらいの森ゆたか園です。

2018.6.22

年長児が三重県立美術館にツペラツペラ展を見に行きました。
ツペラツペラさんは、絵本を描いているご夫婦で活動されているアーティストです
美術館のスタッフの方に見学する際の注意事項やツペラツペラさんについて説明してもらいました。紹介してもらう画像の中に、普段園で読んでいる絵本もあり、「パンダ銭湯しってる」「あ、ワニーニだ」と話していました。
実際に原画を見に行くと、絵を描いていると思っていたのが、実は様々な素材を切って貼って絵を作っていることに気がつきました。色の美しさや細かく切ってあるところを見て「こんなに細かい」「どうやって切ってるのかな?」「すごいな」と様々な発見をすることができました。

DSCN1492

明和ゆたか園です

2018.6.1

先日、久しぶりの雨がたくさん降りました。「いっぱい雨ふってきたなぁ」とテラスから雨の様子を見ていた子どもたち。そんな子供たちと『雨の日の園庭散策』をしてみることにしました。普段あそぶ園庭とは少し違う園庭で色々なものに出会いました。

DSCN9906

泉の杜保育園です。

2018.5.14

 『子どもの日』にちなんで、「柏餅」「鯉」「こいのぼり」ゆかりのあるものに触れる機会を作りました。
柏餅を作るにあたって「もち源」という和菓子屋さんで柏餅を一つ買い、味見を通して材料や柏の葉を知るきっかけになりました。柏の葉を探しに八百屋さんやスーパーにいき、なかなか見つからなかったので抹茶で葉の形を作り、すべて手作りの柏餅を作りました。また気候の良い時期、身近なところに素敵な自然や環境があるということを知る為、春のお散歩会では、4歳児は「久屋大通公園」、5歳児は「ノリタケの森」に出掛けました。

CIMG3948

ゆたか保育園です。

2018.5.9

 田植え体験の様子です。
 5月8日(火)に河芸町三行の大谷公園付近の田んぼで毎年恒例の田植えの体験をしました。
地域の農家の方に来ていただき、植える苗の種類ややり方についてお話をたくさん聞かせてもらいました。苗は「コシヒカリ」でとても美味しいお米だそうです。
田植えの体験はほとんどの子どもたちが初めてで、田んぼに積極的に足を踏み入れる庫も子もいれば、躊躇する子もおり、様々な子どもたちの姿がありました。
田んぼの中に入ると、初めての感触に「うわー!ぬるぬるやー!」「あしがぬけなーい!」「きもちわるいー!」など様々な声が聞こえてきました。思うように歩けなかったりバランスをとることが難しいようでしたが、持たせてもらった苗をしっかり持って目的の場所へ行き、ねかして植えるのでなく、まっすぐ立たせて植えることに注意しながら取り組んでいました。

IMG_7571