豊津児童福祉会

つよい心とからだをつくろう!


法人ブログ

2019.7.29

認定こども園 明和ゆたか園です。

“明和町の自然に触れ、地域の人や物と関わり、様々なことを体験する”をテーマに、子どもたちと一緒に明和町には何があるのかを探しに出掛けました。その中で、まちかど博物館・竹茗舎に出会いました。竹茗舎には、竹で作った工芸品や楽器、おもちゃなどが置いてあり、実際竹の楽器を奏でたり、おもちゃであそばせていただきました。「こんなの、たけでできるの?」「つくってみたい!」と、竹に興味を持った様子の子どもたちと一緒に、様々な体験を楽しみました。

RIMG8210
・竹茗舎の方に、竹でできた工芸品や楽器などをたくさん見せていただきました。

RIMG8220

RIMG8235

RIMG8244
・実際に竹で作った太鼓をたたかせていただきました。「きれいなおとやなぁ!」「たけって、すごいなぁ」と興味・関心が深まっていく様子でした。

RIMG9799
・子どもたちから、「もういっかい、ちくめいしゃにいきたい!」という声が聞かれたので、再度竹茗舎へ行き、竹筆作りの体験をさせていただきました。

RIMG9794
・「何度もたたくと、柔らかい筆先ができるよ」と教えていただき、真剣な表情で竹筆を作る子どもたち・・・「ふでができたら、えをかきたいな!」「じもかいてみよ!」と楽しそうな会話が聞こえてきました。

RIMG9771
・「もっとたけでつくってみたい!」という意欲的な声が聞かれたので、子どもたちと一緒に竹を使って灯篭作りに挑戦しました。

RIMG9780
・今回竹茗舎に行かせていただき、竹に興味を持ち様々な体験や楽しいあそびを経験することができました。これからも明和町に触れながら、子どもたちと様々な発見を楽しんでいきたいと思います。