豊津児童福祉会

つよい心とからだをつくろう!


法人ブログ

2020.9.18

認定こども園 明和ゆたか園です。

 9月に入ってすぐ、園庭の真ん中に栗が落ちていることに気付いた子がいました。”栗の木どこにあった?”と子どもたちが探し始めました。「ぼくしっとる!」と教えてくれる子がいて、みんなで栗探しが始まりました。手に刺さらないようにゆっくりゆっくり持ったり、中身を取り出そうと道具を探して自分で割ろうとする姿もみられました。
 栗探しが数日続き、たくさん拾うことができました!その中で子どもたちから「たべてみたい!」という声があり、クッキングに発展!その他にも「これはちいさいな」「かわいい」と栗に顔を描いたりと製作をして楽しむ姿がみられました。
 たくさんの実りがあるこの季節。子どもたちからどんな声が聞かれ、あそびが広がっていくのか、楽しみです!!

  

  栗の木もどんどん大きくなっています!

  力を合わせて・・・!

  中身が気になり、むいちゃいました・・・!

  「たべたいなあ!」

  栗の蒸しパンを作っています。