豊津児童福祉会

つよい心とからだをつくろう!


法人ブログ

2021.1.21

斎宮Babyroomです。

 一年で最も寒い時期を迎えました。
 ある日いつものように園庭に出ると、ビオトープがいつもとはちがって見えたようで、近くまで駆け寄っていきました。”何だろう?”と触ってみると、固くて冷たい感触に、氷が張っていることに気づきました。表面を触ったり押さえたりしていくうちに、少しずつ割れた氷を手に取り、溶けていく様子や、太陽にかざしてキラキラと光って見える様子に、興味津々な子どもたち。
 それからしばらく氷作りが続きました。氷を作る用意をした翌日には、目を輝かせて様子を見に行くと、出来た氷に歓声があがりました。氷の冷たさや小さくなっていく様子に気づいたり、寒い日の朝には氷が出来ることなど、たくさんの発見がありました。
 子どもたちの日々の発見を大切にしながら、これからも楽しく過ごしていきたいと思います。

   

氷を作る準備をしています。

明日は出来るかなと期待を込めて!

『ちっちゃくなってきたな~』
『みずがでてきたよ!』