豊津児童福祉会

つよい心とからだをつくろう!


法人ブログ

明和ゆたか園 生活発表会の様子です

2018.12.19

8日は、園の生活発表会がありました。普段のあそびの中から、子どもたちが歌っていた曲や表現を楽しんでいたことを使って、リズムあそびや劇などに発展していきました。普段の園生活でも伸び伸びとリズムあそびをしたり、年齢が大きくなっていくと、子ども同士で劇のセリフや動きを話し合って自分たちで作っていく姿も見られました。当日は、たくさんのご来場ありがとうございました。子どもたちの成長した姿を見ていただけてうれしく思います。

RIMG3593

H30 11月 明和ゆたか園です

2018.11.26

冬がもう目の前にやってきていますが、先日ぞう組の子どもたちは、自分で弁当箱にご飯やおかずを詰めて散歩に出掛けることにしました。弁当箱にご飯やおかずを嬉しそうに詰める姿や、どこに入れるか考えながら夢中になって入れる姿など、子どもたちの姿は様々でした。公園につくと自分で入れた弁当はあっという間に完食でした。

RIMG3211

おにぎり作りをしました!(杜の街ゆたか園)

2018.11.7

今日はぞうぐみの友だちが、自分たちで育てたお米を使って『おにぎり作り』をしました。5月の田植えから始まり、9月の稲刈り、そして園での脱穀という過程を経てのおにぎり作りということもあり、子どもたちはとても楽しみにしていました。子どもたちは炊きたてのご飯の匂いを嗅ぐと「わぁ~!」と驚いたり、「おいしくな~れ!」とつぶやきながらおにぎりを握ったり、楽しみながら作ることができました。自分たちが握ったおにぎりを食べると、にっこり!「おいしい~!」「ちょっぴり、(しおが)多かったかな?」「もっとたべたいな~」など嬉しそうに食べていました。うさぎぐみやきりんぐみの友だちが、握ったおにぎりを食べると「おいしい?」などと尋ね、「おいしい~!」「おかわりしたいよ!」と返事があると「おいしくな~れって、にぎったんやに!」「またおにぎり、つくったろ!」などのとても微笑ましいやり取りもありました。
子どもたちがこの体験を通して、食べ物を作る大変さや自分たちが作ったものを食べる嬉しさ・誰かに食べてもらう喜びなどを、感じてくれたら嬉しいです。

DSCN5140

こどもの杜ゆたか園です。

2018.11.7

10月31日はハロウィンでした。
ハロウィンに向け子どもたちは外国の伝統に触れ、自分たちでお面や衣装を作ってあそぶ姿が見られていました。
この日は外国人講師のジョー先生を迎え、年長児のみんなでハロウィンパーティを行いました!
子どもたちもみんなで仮装をし楽しみましたよ♪

RIMG1697

みらいの森ゆたか園です。

2018.11.1

10月26日(金)に避難訓練の様子を消防士さんに見てもらい、年長児と年中児は起震車に乗り、地震の揺れを
実際に体験しました。大きな揺れに緊張した様子でしたが実際に体験することで、訓練の大切さやダンゴムシポーズをする大切さを感じることが出来ました。いつおこるか分からない災害に対して、出来る限りの備えはしていきたいですね。
子どもたちや保育者に地震の際の身の守り方を真剣に教えてくれた指導員・消防士の方、ありがとうございました。

CIMG6130

10月 明和ゆたか園です

2018.10.26

戸外に出て体を動かすには、ちょうどいいこの時期に、何度か園外保育に出かけることができ、地域の方とふれあえることができました。また、様々な場所に出かけることで、歴史や建物についても知る機会となり、充実した園外保育になりました。
 

RIMG2764

楽しくおやつを食べました。(杜の街ゆたか園です)

2018.10.24

23日のおやつは、いつもとは趣向を変えて、お祭りのように屋台を作り、そこにおやつ(やきそば・シュガーカステラ・ポテト)をとりに行く。という風にしました。子どもたちは自分で財布やおやつのチケットを作ったり、屋台を飾り付ける絵などを書いたりと、この日をとても楽しみにしていました。当日も、「やきそばから、たべようかな~」「ベンチにすわって、たべようか」など、友だちと話をしたり、嬉しそうにおやつを食べたり楽しんでいました。このことをきっかけとして、遊びの中でも更にごっこ遊びや製作遊びなどが広がっていいくと嬉しいです。

DSCN9345

H30 9月 明和ゆたか園です

2018.10.3

9月21,28日の2日間、明和中学の3年生の2クラスが来園し、明和ゆたか園の4.5歳児と一緒にあそぶ中学生の保育体験がありました。

RIMG1585

杜の街ゆたか園です。

2018.9.6

8月は夏祭りがありました!子どもたちは夏祭りをとても楽しみにし、看板を作ったり、夏祭りの飾り(風鈴・灯籠)を作ったりしました。そして待ちに待った夏祭り当日!子どもたちは保護者の方々と一緒に、ヨーヨーつりやマスコットすくい・ボーリングなどを楽しみました!「みてみて~!つれたよ!」「たのしかった~!」など嬉しい声が聞こえました。夏祭りが終わったあとも子どもたちは「ぼーりんぐしてあそぼう!」と、自分たちでボーリングのピンを作り遊んでいました。年下の友だちに遊び方を教えてあげる優しい姿も見られました。また、夏祭りごっこあそびから、お店屋さんごっこが子どもたちの間で盛り上がり、「わたしは、らーめんやさんね!」「たこやきつくったよ~」など友だちと話し遊んでいました。行事をきっかけに様々な遊びが盛り上がっている子どもたち!これからも子どもの遊ぶ姿を見守っていきたいと思います。

DSCN6384

認定こども園 みらいの森ゆたか園です。

2018.8.29

8月29日に二胡演奏会があり、3名の方に来て頂きました。二胡とは木材・ニシキヘビの革・2本の弦で出来ている、中国の楽器です。東洋のバイオリンとも呼ばれているそうです。二胡を演奏してくれたのは中国の方で、冗談を交えながら子どもたちに分かりやすく楽器の説明をしてくれたり、二胡・ピアノ・打楽器を使ってすてきな音楽を聴かせて頂きました。二胡の音色に聞き入る子や音楽に合わせて手拍子をする子などそれぞれに演奏を楽しむ様子が見られました。

CIMG4841